東区歴史ガイドボランティア連絡会 
 坂本恒義氏(志賀島在住)絵画作品集
東区歴史ガイドボランティア連絡会(さんぽ会)が発行しますガイドマップや東区役所発行の
「歴史街道を往く」の表紙絵などで大変お世話になっています先生の絵画をご覧いただきます。
 
 
 志賀島万葉歌碑一覧(絵画)坂本恒義氏
 万葉歌碑の画像を簡単に見ることが出来ます
公開しております万葉歌碑など詳しいし資料は、2015年に「さんぽ会」が発行しました「悠久の歴史万葉のロマン志賀島・西戸崎」歴史ガイドマップに掲載しています。
同冊子は、千早「なみきスクエア」や東区役所ほかの施設に常置しています。
 志賀島の万葉歌碑は、全部で10基建設されています。昭和40年代の始め、時あたかも明治100年、記念行事として旧志賀島町では、ゆかりの深い万葉歌碑の建設を行うこととしました。第1号が昭和44
(1969)年6月に完成、以降1年に1基の建設を予定しました。
 志賀島に関する万葉歌は、全部で23首と言われています。
 山上憶良の海人の歌  10首
 覊旅の歌          4首
 遣新羅使の歌       4首
 塩に関する歌        4首
 その他            1首
 万葉集は本来「巻子本」で20巻で構成、概ね年代順に編集されているようです。もちろん、原本ではありませんが万葉集のすべてすべての文字は、漢字です。いわゆる万葉仮名を主体として書かれています。(万葉仮名の例:香椎宮頓宮の万葉歌碑3首) 私たちが、現在読むことが出来る万葉集は、それぞれの歌の頭に1~4516の番号が付してあります。これは「国歌大観」という和歌索引書による番号です。
(明治34~36年発行)この国歌大観による整理は、その後の国文学の発展におおいに寄与したそうです。
 万葉歌碑1号碑の歌は、7巻(あるいは巻7)の1230番という具合です。1から4号までが旧志賀町の建設、昭和46年4月福岡市への合併後、旧町民の意志を継ぎ5号から10号を福岡市が建設。8年の長きに亘った事業は、万葉歌の島としての志賀島を紹介するのに最高のもののようです。
 
万葉歌碑MAP
 マップ上の赤塗り番号と右欄の番号をクリック!➢歌碑の拡大画像
 
 歌碑所在地一覧
歌碑 場   所  歌碑  場   所 
1号碑  志賀海神社境内参道階段を上がって左側 6号碑   志賀島 叶が浜(蒙古塚前海岸)
2号碑  勝間 休暇村南西大崎鼻の広場   7号碑   西戸崎 志賀島中学校正門前
3号碑  志賀島 志賀島小学校前の海岸  8号碑   志賀島 志賀島中学校正門左側
4号碑  志賀島 潮見公園展望台右側  9号碑   志賀島棚ケ浜 (周回道路西回り
志賀島 町並みが切れる海岸左側) 
5号碑   勝間 国民休暇村駐車場脇(荒雄碑と同地)  10号碑  勝間 沖津宮海岸
万葉歌碑の詳細は下記をご覧ください   
No1 万葉歌碑7号 万葉歌碑1号 万葉歌碑2号 万葉歌碑3号 万葉歌碑4号 万葉歌碑5号 万葉歌碑6号 万葉歌碑8号 万葉歌碑9号 万葉歌碑10号